CALENDAR
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<前月 2020年01月 次月>>
SEARCH
CATEGORIES
ARCHIVES
LINK
PROFILE
OTHER
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:

POWERED BY
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)

||

水曜どうでしょう祭り
一度入ってみたかった祭り、「水曜どうでしょう祭り」。

ローソンのレシートで一口応募したら、たまたま当たってしまいまして。
当たったからには行くしか無い、といった感じです。
チケットタダだった分バスぐらい乗ろうかと思い、旧HTBからのシャトルバスを予約しました。

当日。

雨の予報ではありましたが、大降りにはならなそうな、微妙な雰囲気。
バスのりばの方へ向かう途中、明らかに同士と思われる人がちらほら。
この時点から、おかしいと思ったんですよね。
なんか、皆さんの装備が、ガチい。
靴とか、カッパとかが。

割とギリギリの時間につくバスに乗り、車内放送を聞きながらテンションを上げていきます。
現地につき、バスを降り、長く緩やかな坂を登り、いざ入場。
スキー場が会場ですので、どうしたって斜面なんですよね。

そして、雨のおかげで結構な泥で。
ああ、だからみんな長靴とか、ビニールで覆う装備とかなんだな、と。

オープニングイベントのときもやや雨が降ってましたが、密集してるから傘なんかさせないんですよね。
だからみんなカッパなんだな、と。

斜面は基本的に椅子とかは禁止で、みんなシートを引いて休憩しています。
椅子をおいて良いキャンプゾーンは、結構離れた場所なわけで。
せっかく折りたたみ椅子持ってきたのに。

あれ、なんだか、もしかして準備不足・・・?
そんな気がしながら、オープニングイベントを見て、商業ブースを眺め、飲食ブースで軽い食事をして、商業ブースを眺め。
やたらと長いトイレの行列に絶望し、大して買い物をするでもなく、夜のイベントまでどうやって時間を潰そうかと悩む感じに。

なにせ、寒いし。

しかしやがて日は落ち、本イベントの時間に。
斜面に折りたたみ椅子を敷き、パーカーと傘で寒さをしのぎながら、身を寄せ合う我等。
心はもう「早く終わって帰りたい」という気持ちが70%ぐらいになっていたような気がします。

新作のエンディングを確認し、トークの途中ではありましたがバスの方へ急ぎます。
なんとか早めのバスに乗り込み、一安心。 バスは温かい。

行きと帰りはルートが違うんだなぁと漠然と思ってたら、大通りで全員降ろされました。
あれ、旧HTBいかないのかな? と思ったら、これは行かないバスです、と。
なんと、行き先が違ったのですか・・・!
そんな案内はあったのかなかったのか、少なくとも気づくこと無く。
駐車位置からは結構離れた駅に放り出されたのでした。

まぁそこから、地下鉄で戻りましたけれども。
ひどい目に会いましたね・・・

教訓。

山を舐めるな!

| オフィスCUE |
| 11:04 PM | comments (0) | trackback (x) |

PAGE TOP ↑